ランブットがリニューアルしたことは一部のファンの間には広まっています(進んでファンだという人は少ないと思いますが)。

そのリニューアルで何が変わったのでしょうか?小さなリニューアルでは容器の変更やイメージキャラクターがついたなどがありますが、ランブットでは成分など本質から画期的に変わりました。

新しく成分を追加したことで全く別な商品になったという言い方もできるでしょう。

 

3つの新成分によって実感力がアップ!

ランブットのリニューアルは成分のパワーをより強く実感させてくれるものでした。どういう意味か?順番に考えて見ましょう。

・滑らかさがアップして成分が浸透しやすくなった!

ランブットの容量が減ったことは言われていますが、それが実現できた理由はテクスチャが滑らかになったこともあります。

頭皮全体に人狩りやすくなったのでサイズを小さくしても成分がこれまで通り浸透できるようになったのです。ざっくりいうと使いやすくなった、と言えるでしょう。

・成分自体が増えた

ランブットのメインの成分はノニに配合されている140種類の成分とホホバオイルを使った新党ですが、実感力アップのために3つの成分を追加しました。

「エンドウタンパク」「ケラチン」「卵白ペプチド」はノニには含まれていなかったヘアケアの成分です。

前としてしましたがランブットはサイズが小さくなったのに、こうした成分をさらに追加することができています。成分のパワーを凝縮することでより浸透しやすい環境を作ってくれています。

 

インドネシアのノニがランブットを作っている

こうして考えてみるとランブットがいま魔とは全く違った商品に感じるかもしれません。しかし今までのランブットだって大きな実感があったからリニューアルも良いと感じると思いませんか?

 

ランブットに使われているノニはインドネシア産のものを選んで使用しています。ノニ研究の第一人者と言われている西垣俊明先生が現地の人と交流を深めて発見したもので、他の国と比べると圧倒的な成分の差が元からありました。

例えば老化現象と戦うSOD酵素は他国産と比べると4倍!SOD酵素は20を過ぎるとどんどん減っていき、老化が進むと言われていますのでこの含有率は大発見でもあります。

こうした成分が元々のランブットにあり、育毛剤との併用で効果が期待できるところに「エンドウタンパク」「ケラチン」「卵白ペプチド」が追加されるようになったのです。

もはや別な商品に生まれ変わったと言えそうですね。