「ミノキシジルと子作りの相性はめちゃ悪い!」

これは第一に考えて欲しいことです。どんなに頑張っても危険性が高くなるのでやめたほうがいいようです。その理由について順番に考えてみましょう。

もしいきなりミノキシジルの服用と子作りをしようとすると、すごくもったいない時間と、かわいそうな結果になってしまうかもしれません。

 

どうしてミノキシジルは飲んじゃダメ?子作りとの相性の悪さはここにあり

意地を張ってミノキシジルを服用しようとすることは男性目線でも女性目線でも悪いことが知られています。男性の場合と女性の場合との視点でミノキシジルの服用の危険性を考えてみましょう。

・男性にとってミノキシジルの副作用とは?

男性がミノキシジルを服用するときは副作用を考えなくてはなりません。それは性欲の減退や勃起不全などが起こることです。これは副作用の可能性としてすごく高いと言われています。

ミノキシジルの服用中は子作りが向かない一番の理由です。バイアグラなど別な薬と併用することはもちろん良くありません。

ミノキシジルとは男性ホルモンの活動を抑えることで育毛へパワーを向ける作用も期待されているからです。

・女性にとってミノキシジルとは?

子作りを考えている場合、女性はミノキシジルに触ってもいけないと言われています。赤ちゃんの弱い体ではすぐに悪影響を与えてしまいます。

妊娠、出産前後はもちろん、授乳中も母乳を通じて赤ちゃん家影響をしてしまうので危険です。

どうしても育毛のための対策と一緒に子作りもと考えている場合には、ミノキシジル以外の対策を選びましょう。ちなみにほぼ同じ副作用があるフィステナリドも危険です。

 

副作用のない育毛対策ってある?

育毛剤を使用する時点で副作用の危険性は常に付きまといます。あなたに起こる問題は一つずつ、順番に対策をしていくことが理想的です。

ただしヘアケアならば一緒に行うことができますよね。例えばフルーツを頭に塗るだけのランブットは頭皮の状態を健やかにしてくれる対策ですので、続けることができます。

育毛剤ではなく、フルーツなので副作用もありません。もしあなたに余裕ができて育毛剤を使い始める時に、健やかな頭皮の状態を維持していれば成分の浸透が早く高い効果が期待できますね。