育毛対策としてミノキシジルを使う人は増えています。噂が噂を読んで「めっちゃ効果的!」という話もあるからです。

しかし、育毛対策ってミノキシジルだけではありません。ここではミノキシジルが痒くなった人のために、次にとるべき行動をまとめました。アプローチを帰ることって案外簡単なことかもしれませんね。

 

どうすればミノキシジルがかゆくならない?

ミノキシジルが痒くならない方法はいくつあかります。ただし、そのどれもが絶対ではないのでお金と相談をしながら次にとるべき対策を考えてみましょう。ポイントは以下の3つです。

1、すぐに洗い流す

これはミノキシジルをつけて痒くなったら取れる即効性のある痒くならない方法です。原因がはっきりしているのであれば、迷う必要はありません。

耐えられなくなる前にミノキシジルを洗い流してしまいましょう。

ちなみに我慢ができる程度のぼんやりした痒みであればいい意味での副作用かもしれません。頭皮の血行が良くなって髪の毛に栄養が行き渡る準備とも取れるのです。

2、商品を変えてみる

お金があればできるのがこちらです。ミノキシジルの商品はそれ以外にも成分を使っているため。あなたとの相性が良くなかった可能性があります。選び方は2通り。

一つは同じ含有量の別な商品にすることで、相性のいいものを探すことです。1つでは見つからない場合。何度か変えてみる必要があります。

二つめはミノキシジルの含有量のより少ないものを選ぶ方法です。もしかしたらミノキシジルの含有量が多いために痒くなった可能性もあります。

効果は少し下がってしまうかもしれませんが、可能性のある方法です。どうしてもミノキシジル使ってみたい場合はこうした対策をしてみましょう。

3、ミノキシジルを使わない

育毛剤や発毛剤は一つではありません。商品によってメインに使用している成分が違いますので、中にはミノキシジルを全く使っていない育毛剤もあります。

成分を一つ一つ確認しながらあなたにピッタリと合ったものを選んでみましょう。もしそれで効果が全く感じられなかった場合でも、痒くならないで続けられるならプラスαの対策だって選ぶことができますね。

 

プラスαの対策って何?

育毛愛の効果をより感じさせるアイテムとしてフルーツを頭に塗る。という方法があります。

これは頭皮の悩みを抱えている割合が少ないインドネシアではノニを頭に塗って実際に行われている方法です。しかしノニを購入して頭に塗るのはコスパも条件も悪い!

そこで作られているのがランブットです。ノニの成分をペースト状にしただけでなく、日本人の頭皮に合わせた加工や成分の調節もされています。人によっては週に2回、ランブットだけを使って頭皮の悩みがなくなった人もいるとか・・・。

オススメはランブット+育毛剤で相乗効果を発揮する方法です。もちろんフルーツを頭に塗るだけならば痒くならないでしょう。