「プロペシアが欲しいっ」

オオサカ堂をはじめとする輸入代行で販売をしているAGAの強力な薬のプロペシアを欲しがる人は多く、一定の人気を誇っています。

しかし探してみるとプロペシアにはアメリカ版とオーストラリア版があり、どちらの方がいいのかで悩んでしまいます。

もちろん他の国のものもあるようですが、この二国のプロペシアは有名なのに似ているため、どちらかと考えるようです。詳しい違いはあるのか?そしてどちらを選ぶべきか?結論をつけて見ましょう。

 

アメリカ版とオーストラリア版のプロペシアは何が違うのか?

プロペシアの比較をしてみるといくつかの違いや気がつくことがありました。アメリカ版とオーストラリア版はどのような違いがあるかチェックしてみましょう。

・製造国はどこ?

アメリカとオーストラリアのプロペシアには共通している部分もあります。それが製造国居着いてです。実はどちらもプエルトリコで製造がされている同じ商品だということがわかりました。

それでもわずかに違いが出てしまうのはオーストラリア産はオーストラリアが製造会社となっているのに対して、アメリカ産はタイが製造会社とあっていることです。

どこの国を通して製造がされているのか?また、製造のチェック過程や品質などにも違いがわずかですが出てしまうようでした。

・価格の違いが明確にわかる

オーストラリア産の価格はだいたい4,400円程度で購入できるようになっているのに対して。アメリカ産は5,200円ほどしています。

一時期はアメリカさんもカカウを下げるような対策(円高になっただけ?)をしている時がありましたが、現在ではまたオーストラリア産のほうが1000円程度安く手に入ります(輸入をするタイミングによって多少の違いはあるようですが、こうした傾向があります)。

・フィステナリドの含有率はもちろん同じ・・・はず

ほぼ同じで価格だけ違う、というのがプロペシアの傾向のようですが、一つだけ気になる点がありました。

それがプロペシアに含まれているフィステナリドの含有量です。どちらも同じ1mgの記載ですが、成分改定の結果を見てみるとオーストラリア版は1mgや1.01mgとなっていることが多いのに対して。アメリカ版は0.982mgや0.96mgと多少少なくなっているように感じます。

これは意図的にそうしているのかたまたまなのかわかりませんが、同じとされているにしては違いが出ているように感じました。

 

結論、プロペシアはオーストラリアの方がいい?

費用対効果や含有率を考えるとオーストラリアの方がいいように感じてきます。製造国や使われている成分はもちろん同じなので尚更そう感じますよね。

ただし、プロペシア自体の安全性についてはもう一度考える必要があるかも知れません。もし、効果的な薬で人気があるならば日本でどうして承認されて正式なものがないのでしょうか?

 

日本の薬品に関する基準は世界でも厳しいため、プロペシアは販売できないのではないかと考えられます。

個人輸入をして無理にプロペシアを使わなくても日本では独自成分や技術を応用した新しい育毛対策がどんどん出てきています。特にフルーツを頭に塗る、というケアなどはこれまでに全く考えられていませんでした。

効果や安定供給でリスクがあるプロペシアよりももう一度に本製本を見直して見た方がいいかも知れませんね。