AGAの治療の時、プロペシアでは効果があまり感じられない時に使用するのがアボルブです。ザガーロなどという呼び方などをしているので、その呼び名の方が聞き慣れている人もいるかもしれません。

では強力な薬だから早く使用したいと思うかもしれませんが、そこには意外な副作用や子づくりの危険性などがありました。あらかじめ、きちんとした事実を知ってから利用をするようにしましょう。

 

アボルブの副作用一覧|子作りの影響とは?

初めに気をつけて欲しいことはアボルブには副作用の危険性があるということです。絶対ではありませんが、知らずに服用を続けることは心配が出てしまいます。

具体的な副作用では「性欲減退、勃起不全、乳房障害、肝臓障害、アレルギー症状、初期脱毛、奇形の可能性、食欲不振」とあります。この中で子作りに大きく影響をするのは性欲減退、勃起不全、奇形の可能性が上がりますね。

1、性欲減退

性欲減退はアボルブの副作用としてはよく聞かれます。男性ホルモンが減少することで子作りの意欲があまり湧かなくなってしまうそうです。ただし、努力は併用をする薬によっては改善をすこともできそうです。ただし、本気で子作りを考えている場合には、アボルブの仕様はやめて片方に専念をする方が確実ですね。

2、勃起不全

こちらも同様に起こる問題です。やはりAGAの治療をしながら子作りは難しいようです。どちらか片方から順番に進めていく方が中途半端医ならずにいいように感じました。

3、奇形の可能性

動物実験においてはアボルブで奇形が生まれる可能性は完全に否定をされていますが、人に関しての検証はできないのが現状です。そのため、絶対に大丈夫、という保証ができないそうです。

 

あらゆる副作用が子作りには栄養をする?

アボルブの副作用において最も気にしてしまうことは、副作用によるストレスが大きくなる可能性です。副作用が出てくると不安やストレスが大きくなり、日常生活にも支障をきたす場合があります。

特に初期脱毛は聞いていてもショックを受けるもので、それをいい傾向として受け取ることは難しいのです。こうしたストレスはAGAの治療にも子作りにも影響をします。

その点でも一つ一つの問題を順番に片付けていく方が正しい対策になるのではないでしょうか?

アボルブを使ってAGAの治療をする、そのための前準備程度(知識をつけたりシャンプーを変えたり)に止めておく方がいいようです。